撮って出し澤田ビル2-3F

2-3階の床抜き工事が終わりました。
気になっている方が多いようなので、中の写真を撮って出しで公開。

2017.05.27 、iPhoneで撮影した写真です。
今回は2階と3階の写真のみです。
他のフロアも素敵ですが、とりあえずね。

元々すべての床を抜く予定だったのですが、どうせ3階にも階段は続いているわけなので、ちょっとフロアを残したいなー。という僕の思いつきに、オーナーOKも出たので、3階フロアを完全には取り払わずに、一部をロフトみたいに残した仕上がりです。ちなみに、発想のヒントは3月に行った山口県萩にあるゲストハウスruco なんですが、あんな素敵な雰囲気までたどり着くのかどうかは謎です。。。。

 
端っこから見上げた感じ。3階に残るブロックガラスがいいよね。残したいな。最近はあんまり見かけなくなった気もするけれど、個人病院&自宅みたいなお家にはよくあるよね。

窓が結構多い。フロアがなくなった分、2フロア分の窓があるので、明るいな。

壁の風合いも出来れば残したい。

3階の階段踊り場にある小さな小窓から外を。裏庭付きです。向こう側に見えてる隣の物件の感じとかも、なんか東南アジア感が半端なくていいです。秘密基地的な興奮を得られます。

3階から4階への階段室。4階の天井は比較的きれいだな。この上の4階に素敵な階段が。

階段室はこんな感じ。小学校の階段をミニサイズにしたようなイメージ?わりとしっかりした階段なのでそのまま使うと思います。

個人的萌え写真。正直「この感じは残したいんですよねー。」っていうと多くの業者さんが???ってなりますが、かっこいいよね?

3階の現在ロフトっぽくなっているところからすこし見下ろしながらの壁。

ロフト部分の下。もともとあった床を残したところ。やはり低いけれどちょっと面白く使えそう。

適当に全体1

適当に全体2

適当に全体3

 

とまぁ、こんな感じです。床抜いたらだいぶまた印象が変わってしまったので、色々と考え直さなくてはな。TVのおかげでずいぶん話題に?なているらしいこのビルのプロジェクト、ちょいちょい載せてきます。番組とはまた違った視点で楽しめるかなと。引き続き宜しくお願いします。

床工事

床を抜く工事が始まりました。


床だけでなく、一階の一部の壁も抜きました。実はこの物件には中庭というか裏庭的な部分があり、そこもいい感じに使いたいのですが、動線がわるかったので、新たに、フロアから直接そこに出られるようにしました。(もちろん今後ドアなどを取り付けて行きます)

さて工事が始まり、少し視界が変わるだけで、だいぶイメージも変わります。


いよいよ本格始動。

NEW TOWN

NEW TOWN というタイトルが、ここ最近の自分の活動なんかと繋がって実に良い。

というわけで、よく静岡に呼ばせてもらっているtoconomaのニューアルバム。

もうすぐリリースです。

トレイラーが公開されてます。

これから暑くなっていく時期にぴったりかと。

SAMPLE版を一通り聴かせてもらってますが、いい感じ。

 

壁の人

休日。いつもの商店街をフラフラと自転車で走っていたら、友人に遭遇。最近なかなか会えなかったけど、いつもinstagramを見ていて、壁の写真をUPしているのがすごく興味深かった。

日常生活のどんなところに興味を持つかは、ほんっとに人それぞれで、彼はいわゆる「壁フリーク」。休日に空き時間ができると肩からカメラをかけて、僕と同じように自転車でフラフラと古い商店街の裏路地なんかをキョロキョロしながら走っては、きになる「壁」を見つけて写真におさめているらしい。

遭遇したのが、今手掛けているプロジェクト、澤田ビルのまさにそこで。前々からここと、この周りの「壁」が気になっていたらしい。せっかくなので中を案内した。なにしろもうすぐ、一つ目の大きな工事(床を抜く予定)がはじまる。

屋上まで案内して、吉原商店街の裏側の景色を上から見下ろす。結構見慣れてきた。

<商店街>という言葉から連想される、計算されたパース、一定の間隔で店舗が並んでいる感じ、同じポスターが頭上からずっと先まで繰り返している風景などは真逆で、どうやったらこんなにごちゃごちゃになってしまうのだろう・・・という裏側の不思議な様子は上から俯瞰するとよくわかる。どんな世界にも裏があるものだ。

そんなコトをぼーっと考えながら屋上で二人。
彼が「もったいないね〜」と一言。

せっかく良い感じだった壁がこわされてしまうなんて。
なのか。
こんなに面白い景色のことをみんな知らないなんて。
なのか。

僕は特に聞き返さなかった。