マルイチビルと澤田ビルについて

ご報告です。
 
マルイチビルの一階「レンタルフロア」としての営業を今年の11月末で完全に終わります!!ですので12月以降は予約お受けできません。そして、有料のレンタルフロアとして少しばかり環境をグレードアップし、現在DIYにて工事を進めている「澤田ビル(仮称)」に機能を移設します。具体的な日程については改めて詳細お伝えしますが、2019年1月からは正式運用できるかなと。
マルイチビルは運用開始当初から、いろいろな方々に使っていただき、自分のお店が上階にあるってことも含め、それなりに思い入れもありますが、ネクストステップということで、近くのエリアの雰囲気なども考慮してオーナー共々だした結論です。商店街に面しているという立地だからこそ使っていた方なども多かったとは思いますが、もっと面白い場所作っちゃえばいいでしょという感じで!!

じゃ、12月以降のマルイチビル一階はどうなるの?については、既に決まっていますが、まだ報告できる段階ではないのでまたお知らせします。

そして澤田ビル(仮称)については、未だに色々な情報が勝手に飛び回ってますが・・・

 
1階は、
サンドイッチと雑貨をメインにしたカフェになります。こちらは僕の後輩くんが自分のお店を開きます。かなり頑張って色々準備しており、彼の動きを近くで見てると僕もワクワクしてきます。詳細は本人からの報告があってからでいいかな!仕入れている雑貨や、お店に対してのイメージや思いなども色々聞いてます。楽しみ。少なくとも「こんなのこの町につくちゃって・・・」と言われるお店はできるでしょうね。嫌味っぽくこういうセリフを言う人結構いますが、僕にとっては褒め言葉です★

 

2階は、
上記のイベントフロアです。小さい冷蔵庫やコンロ・シンクなどを備えたミニキッチン。200インチのスクリーン。PA機材なんかも揃える予定です。完全ではないものの、ある程度の防音も施す予定なので、マルイチではできなかった音系のイベントなどにももう少し使えるといいなと。(ライブハウス的な運用ではないので、もちろん音量に限りはありますが)あと、ヨガなどで床を使いたいって人も多かったので、今回は板張りの床にする予定です。広さもマルイチよりは約2倍くらいにはなるかな。料金設定もニーズに応じて対応できるようにリニューアル。


3階〜屋上までは、

ゲストハウスとしての運営を始めます。こちらに関しては、民泊な感じではなく簡易宿泊所営業として申請するため、建物や設備の基準をクリアしていくのに時間と(費用も・・・)それなりにかかっております。色々な専門業者さんに、本当にお世話になりながら、できるところは自分たちでやりつつな感じで、予定よりはかなり遅れてますが、ジワジワ進めてます。なので、こちらの正式開業は、事業として始める準備なども含め、もうしばらくかかりそうです。TBAで!!
 

というわけで、今年の年末頃より、ゲストハウス以外の(1階と2階)はOPEN・プレ運用開始予定で今進めてます。「あそこ結局どうなってるの?」という質問すら聞かなくなった最近ですが、打ち合わせは何度もしており、ここんとこやっとなんとなく色々見えてきました!

澤田ビルの場所は、いまのマルイチビルがある「吉原商店街」から一本だけ北側の通り、徒歩で3分もないくらいの距離です。いまはまだブルーシートやら足場やらがかかってて謎な建物状態ですが、肌寒くなり始める頃には見た目でも変化が感じられるくらいにはなるかなと。

僕自身で言えば、Bird(ピザ屋)は今まで通りマルイチビルの2階での営業を続けますし、僕ももちろんお店に立ってますので。一方で、澤田ビルの運用に関してもメインでマネジメントをやらせていただいているので、そちらの方もバタバタ動いてます。

あとまだどーなるかわかりませんが、ゲストハウスができた後の話として、ホテルや宿が一気にたくさんできてるこのエリアですが、まだまだそれ以外での受け入れ態勢が全然少ないと感じてます。泊まるところはあってもそれ以外することがないと。なんともったいない。こんなに色々な人が来てるのに。

そのあたりを僕なりに捉えつつ、次のステップへ向けてここんところ勉強しております。宿の運営側ではなく、泊まってくれる人たちと周辺エリアをどうつなげていくのかってあたり。もちろん商業ベースな視点含めての動きになるので、色々と簡単ではない感じですが、久しぶりに「勉強」という時間をとるのが心地よいです。

そんなわけで、ピザ屋の方は7月末にて2周年を迎え3年目に突入です。3年目からは色々他のことを更に深く追求していく予定っす。もちろんお店を疎かにするってことではないですよ〜。ピザ屋でもやりたいこと色々ある!!あれもこれもな相変わらずで「仕事なのか遊びなのか!30すぎてなにしてん!」とか言われることもまだ時々ありますが・・・自分の人生に取り込みたいことまだ沢山。ハイブリッドで行きます。HYBRID- LIFEしてます。

PEACE!!

モルタルWS

プロの左官屋さんに指導してもらいながら
モルタル塗りをしました!!

10年やって、やっと一通り。
とも言われるらしい左官作業を
約半日のWSでは
到底ぐずぐずの仕上がり・・・

ですが、みんなでやればOK!!

ホタルを見てきた

蛍を見に行きました。

工場と煙突だらけのまちですが、結構ホタルを保存したり育てている公園なんかがあって、意外とこんなところにもいるんだなーと素直に感動。昨日ホタル見に行ったよって話をしたら「ホタルみたいとか言うんだー。」って友人に笑われました。

そもそも、都会でもなく、自然が多い “THE 田舎” 的なエリアでもないこのまちに、ホタルなんていると思ってなかったから、いるならみたいよ!ってわけで、結構いますよーって教えてくれた後輩くんたちに連れられて仕事終わりに行ったわけです。なんか小学生の夏休みみたいで楽しかった。

何箇所かいるポイントに巡ってもらい、深夜0時を過ぎていたのでホタルの活動が活発な時間ではなかったのだけれど、ちゃんと光って飛んでるホタルを見ることができたよーー!!

今日の朝、モーニングに行ってきてそんな話をしてたら「昔は竹箒で空中をかくだけでくっついてくるくらいいた」ってマスターが言ってましたが、それはそれでちょっと想像したら気持ち悪いかな。笑

とにかく、大事に環境を整えて飼育すれば、時間はかかるにしても、それなりに育てることができるらしい。このへんの屋上とかめちゃくちゃ緑化して屋上庭園みたいな?屋上ビオトープ?みたいな?そんなのできないかなーとか考えちゃった。カレー屋のMAHO氏に浅はかだと言われました。

「お兄ちゃん、なんでホタルすぐ死んでしまうん・・・」
=====

そういえば、澤田ビルには実はいい感じの中庭があるので、ちっちゃい川をつくってホタル育てようか!!ってわけで、テレビ放送の2回目が終わりました。まだまだ先が読めない感じで取り上げられてますが、結局は僕ら地元が責任持って運営していくことの方が大事なので、結構色々考えております。今後の展開もお楽しみに。

日曜日の「富士ニュース」に掲載されました。ありがとうございます。


うちのオカンや爺ちゃんは、プロジェクトが全国ネットのTVに取り上げられていることより、地元の紙媒体に僕が載ってることの方に驚いていました。

 

母:いよいよ、あんた一体なに屋なんだい?

ippei:ピザ屋だよ。

母:富士ニュースみた

ippei:そういうのもやっている

母:なに屋なんだ?

ippei:何屋とかそういう時代じゃないんだよ

母:へー。なおいっそうのご活躍を。

 

なにはともあれ、心が広い母である。

撮って出し澤田ビル2-3F

2-3階の床抜き工事が終わりました。
気になっている方が多いようなので、中の写真を撮って出しで公開。

2017.05.27 、iPhoneで撮影した写真です。
今回は2階と3階の写真のみです。
他のフロアも素敵ですが、とりあえずね。

元々すべての床を抜く予定だったのですが、どうせ3階にも階段は続いているわけなので、ちょっとフロアを残したいなー。という僕の思いつきに、オーナーOKも出たので、3階フロアを完全には取り払わずに、一部をロフトみたいに残した仕上がりです。ちなみに、発想のヒントは3月に行った山口県萩にあるゲストハウスruco なんですが、あんな素敵な雰囲気までたどり着くのかどうかは謎です。。。。

 
端っこから見上げた感じ。3階に残るブロックガラスがいいよね。残したいな。最近はあんまり見かけなくなった気もするけれど、個人病院&自宅みたいなお家にはよくあるよね。

窓が結構多い。フロアがなくなった分、2フロア分の窓があるので、明るいな。

壁の風合いも出来れば残したい。

3階の階段踊り場にある小さな小窓から外を。裏庭付きです。向こう側に見えてる隣の物件の感じとかも、なんか東南アジア感が半端なくていいです。秘密基地的な興奮を得られます。

3階から4階への階段室。4階の天井は比較的きれいだな。この上の4階に素敵な階段が。

階段室はこんな感じ。小学校の階段をミニサイズにしたようなイメージ?わりとしっかりした階段なのでそのまま使うと思います。

個人的萌え写真。正直「この感じは残したいんですよねー。」っていうと多くの業者さんが???ってなりますが、かっこいいよね?

3階の現在ロフトっぽくなっているところからすこし見下ろしながらの壁。

ロフト部分の下。もともとあった床を残したところ。やはり低いけれどちょっと面白く使えそう。

適当に全体1

適当に全体2

適当に全体3

 

とまぁ、こんな感じです。床抜いたらだいぶまた印象が変わってしまったので、色々と考え直さなくてはな。TVのおかげでずいぶん話題に?なているらしいこのビルのプロジェクト、ちょいちょい載せてきます。番組とはまた違った視点で楽しめるかなと。引き続き宜しくお願いします。

床工事

床を抜く工事が始まりました。


床だけでなく、一階の一部の壁も抜きました。実はこの物件には中庭というか裏庭的な部分があり、そこもいい感じに使いたいのですが、動線がわるかったので、新たに、フロアから直接そこに出られるようにしました。(もちろん今後ドアなどを取り付けて行きます)

さて工事が始まり、少し視界が変わるだけで、だいぶイメージも変わります。


いよいよ本格始動。

壁の人

休日。いつもの商店街をフラフラと自転車で走っていたら、友人に遭遇。最近なかなか会えなかったけど、いつもinstagramを見ていて、壁の写真をUPしているのがすごく興味深かった。

日常生活のどんなところに興味を持つかは、ほんっとに人それぞれで、彼はいわゆる「壁フリーク」。休日に空き時間ができると肩からカメラをかけて、僕と同じように自転車でフラフラと古い商店街の裏路地なんかをキョロキョロしながら走っては、きになる「壁」を見つけて写真におさめているらしい。

遭遇したのが、今手掛けているプロジェクト、澤田ビルのまさにそこで。前々からここと、この周りの「壁」が気になっていたらしい。せっかくなので中を案内した。なにしろもうすぐ、一つ目の大きな工事(床を抜く予定)がはじまる。

屋上まで案内して、吉原商店街の裏側の景色を上から見下ろす。結構見慣れてきた。

<商店街>という言葉から連想される、計算されたパース、一定の間隔で店舗が並んでいる感じ、同じポスターが頭上からずっと先まで繰り返している風景などは真逆で、どうやったらこんなにごちゃごちゃになってしまうのだろう・・・という裏側の不思議な様子は上から俯瞰するとよくわかる。どんな世界にも裏があるものだ。

そんなコトをぼーっと考えながら屋上で二人。
彼が「もったいないね〜」と一言。

せっかく良い感じだった壁がこわされてしまうなんて。
なのか。
こんなに面白い景色のことをみんな知らないなんて。
なのか。

僕は特に聞き返さなかった。

ラフ図面

建築を学ぶ学生さんたちに協力してもらい、
第一回目のラフ図面を作ってみました。

建築の技術などほとんどない割に、あぁしたいこうしたいと言うだけ言ってる僕とは違って、的確な判断と生の知識でサクッと出来上がるもんですね。もちろんこれから何度も修正や大きな変更もあると思いますが、図面になるとわかりやすい。イメージを形にしていく作業!学生とはいえ心強いメンバーであり信頼できる需要な役目。