チェコ会終了

Ahoi!!

チェコ共和国から、年末年始で一時帰国していたakkieを迎えて開催した

チェコ料理&ちょっと旅トークの会

当初12~14人くらいの開催予定で準備していたところ、イベント内容をリリースした瞬間に満員になって、ちょっと色々調整し直し、17名まで枠を広げたけどそれでもすぐに一杯になってしまったというイベント。キャンセル待ちだった方はごめんなさい(T_T)

そんな満員での開催となったわけですが、みなさん本当に興味津々でしたね。

・オープンサンド
・ウトペネツ
・グランボラーク
・グラーシュ&クネドリーキ

の4品に、チェコのお酒の一つでもある「メドヴィナ」もちょっと振る舞い。来てた人に聞いたらグランボラーク(じゃがいもベースで作る、チェコのお好み焼き)が何気に一番人気だった。見た目は地味だけど癖になる。つまみっぽさもあり、酒飲みのお客が多かったからか??笑

後半のAkkieによるチェコの紹介トークは、流石に現地で観光の仕事してるだけあって、写真を見つつ結構DEEPな情報が聞けました。行きたい!!って言ってくれる人が多かったのが一番よかったね〜。

自分もまた行きたいです!!

最近、旅行好きのお客さん増えて来て嬉しいです。いろんなところの話をみんなでシェアしたい。では!!

これ撮影プラハ。しかも現地でコーディネート担当したのakkieの会社だった。

2020もよろしくお願い致します

毎年のことながら、終わってみると本当にあっという間の一年でした。6月よりいよいよ復活したランチ営業もなんだかんだで続けることができました。

お店以外の仕事で年明けから春頃までバタバタと色々あり、うまく行かないこと、苦い思いをしたり、はたまた周りの方や友人に迷惑をかけてしまったこともありましたが、ランチ営業を再開したことで気持ちの切り替えもできたのかなと。2019後半戦は楽しく過ごせました。

できる限り「年二回」と思っている海外旅行も2019は、スケジュール的にもお財布的にもほぼ無理やりではありましたが、行くことができました。チェコとタイ。タイは考えてみたら5回目で、今回が初タイ(一人は初海外)っていう友人たちと一緒にワイワイと。残りはBKKメインで一人ぶらり。貧乏バックパッキングな頃と比べると、少なからず余裕がある旅行のスタイルに変わったなーと自分でシミジミ思う旅でした。

プラハの世界遺産ど真ん中でアイスホッケー観戦

2020年は2回行くのは厳しそう〜。

と言いつつ格安チケット調べたりする癖が治りません。が、今の所予定はなく、しばらくは通常営業頑張ります!!ライブイベント企画のオファーをちょこちょこ頂いてるのに、なかなか出来なかったこの3年なので、今年はライブイベント企画に関しては少しづつ復活させていく予定です。

4月に大好きなあのBANDの企画が決まっているのでよろしくです。詳細はTBAになります!!

というわけで今年もよろしくお願いします。


=====
2020年1月のおやすみ
6日(月)
20日(月)
25-26-27日(土-日-月)3連休

=====

11月のおやすみとタイ旅行

こんにちは。こんばんは。

10月末から1週間ちょっとおやすみを頂きタイに行ってきました。個人的には5回目のタイ。今回、最初の数日は、お店のスタッフや常連さんも連れて。残りは相変わらずのお一人。

20代前半のバックパッカー貧乏旅行に比べると、少し色々な面で余裕も出たし、今回はみっちりバンコクを楽しみました。ローカルのタイフードからレコード屋さん。おしゃれカフェまで色々と。やっぱりタイ好きです。コップンカップ!

11月のおやすみは基本の月曜定休のみです!
====
11日(月曜)
18日(月曜)
25日(月曜)
====

忘年会のお問い合わせなどもきています。10名程度から貸切OK。可能な限りご要望に合わせて金額やメニューも決めますので、小規模パーティなどにぜひご利用ください!!!

というわけでタイファンクの影響が強いテキサスのクルアンビンを

電波望遠鏡

「国立天文台 野辺山宇宙電波観測所」に行ってきました。
野辺山といえば!的な、直径45mの、どデカイ電波望遠鏡は僕よりも長生きしてる1982年製。所員さんの話では、今やってる(予定してる)プロポーザルが一通り終わったら、もしかしたら運用が終わるかも・・・と言っていたけれどどうなんだろうか。
所内にある3Dシアターで、最近話題になったブラックホールとリュウグウの話。それから天の川(銀河系)の話。を聞いてきたんだけど、プログラム上映でなく、所員さんが画面を動かしながらのリアル解説。立体的に見れるとやはり面白い。というかわかりやすい。どうしてもプラネタリウムは2D的に見えがちなので、その辺のプラネタリウムに飽きた人にはオススメ。というか施設見学も3Dシアターも無料!!満足度高し。
 
臼田宇宙空間観測所にハシゴしようと思ったけど、野辺山でじっくり楽しんだので次回に。それにしても八ヶ岳周辺というか長野は本当に宇宙関係色々あって楽しいな。空気も綺麗だし自然も良いし、移住者が多いのもわかるなー。
野辺山エリアはレタス畑がたくさんあって、ちょうど収穫時期なのかトラクターがそこらじゅうを走っていた。畑の泥が道路にけっこう溜まってて、雨の影響もあり、車がラリー走った後のように泥だらけに。

良い休日でした。

チェコ

一週間もお休みをいただき、
チェコ共和国に遊びに行ってきました。

チェコ人と結婚して向こうに移り住んだ友人がいたので
会いに行くよー!というノリでチェコをチョイス。

噂で聞いた通り、どこを歩いても「美しい!」と
心から思える国でした。(全部行ったわけじゃないけれど)

そして
国民一人当たりのビール消費量 世界一!
というだけあって、ビールが異常に安い。
100円以下。水より安い系です。
もちろんワインも美味しい。

主に行ったのは、
ターボルという、その友人が住む町。
そんで、カルロヴィヴァリ、温泉とベヘロフカの町。
そして、プラハ。まち全部世界遺産。

どこも本当に綺麗だった。(語彙力なし。)

 

色々な思い出もあるけれど、
最後の夜が、たまたまアイスホッケーの世界選手権
準決勝。チェコ共和国VSカナダの試合
旧市街広場のど真ん中にスクリーン設置しての
パブリックビューイング。世界遺産の中。

これ、日本で言ったら、清水寺の境内で観てるようなもんかな?
ちょっと違うかな。
とにかく、周りを囲む歴史的建造物の中で
みんなビールとソーセージもって、応援してて
自分もその中にいたのが、なんだかすごく素敵でしたと。

隣には、ドイツやオーストリアもあって、
なぜチェコ??

って言われましたが、旅先のチョイスって
結構適当で、
というかどこに行っても面白みはある!

今年は、もう一回くらいどこかへ行きたいけれど
遊んでばかりもいられないので、アジアかな〜。

==========

6月1日からランチの営業が始まりました!!
みんなきてね!!

ippei

奥多摩

奥多摩に行ってきました。

キャンプシーズンにはまだ少し早いってのと、日曜→月曜というタイミングもあり静かなキャンプ場。

キャンプといっても、数年前にキャンプ道具を死ぬほど断捨離した僕と、ガテン系野宿派の友人なので、足はみ出しちゃうくらいの小さなタープをその辺の木と繋いで、その下で寝るスタイル。テントは無し。ビバークっていうんでしょうかね〜〜。

にしても、トイレも炊事場もあるキャンプ場でヒルバーグ張ってる人とかいて、東京のキャンパー(?)はリッチだなーと思いました。

奥多摩の周辺をかるーく走りましたが、流石にこちらもガチライダー多いね。ヒルクライムのトレーニング中って人が結構いた。

僕らは、奥多摩駅周辺をぶらぶらして、そうそうにチャリンコは置いて飲みに出る。ここ最近の奥多摩ニューシーンの中心であろうクラフトビールの「VERTELE」でそこそこ酔っ払い。ちょっと一旦散歩してから二軒目。

バテレのお兄さんに「ローカル色強めなので、ちょっと入りづらいかも?」と言われてた地元の居酒屋さんに飛び込んだら、そりゃもう大歓迎してもらえて最高でした。

酔った勢いと、ほんとにみなさんいい人だったので、もうココに住みたいですよ〜!って話したら居酒屋のママ?に「ダメだよ!嫁を連れてこないと!」って言われた。すごくリアル!!!なんだけど、地元を育てていきたい感情ってそういうことなのかもなぁー。って翌日シミジミ。先の先まで見据えた地元愛。

必ずまたいきます。嫁という存在をつれて行けるのかは微妙です!!!

 Love!!

二日目の帰りは奥多摩周辺から山梨にかけて色々まわったけど、あの辺りの自然結構いい。多摩川の源流。パワーあるな〜。

fam

僕が、いまいる吉原という田舎の商店街で、色々と仕掛けたり挑戦させてもらえたりする環境なのは、それをバックアップしてくれている人がいるから。そしてその代表的存在である「みかん」って呼ばれている後輩が結婚したので披露宴に行ってきました。

地元LOVEな新郎新婦は事前に、「人前式」という形で市役所の屋上で式を挙げていたので今回は改めての披露宴。

愛されとるなー二人とも。

90%くらい知り合いだったこともあり、すごく楽しかったー。

全員がファミリーみたいな感じだった。

めでたいめでたい。

みんなすっごく酔っ払ってた!!

これからも仲良くね。

そしてこれからもよろしく!

LOVE

4月末のお知らせ。

休みのお知らせ。

4/20、4/21 週末で申し訳ないですがお休みさせていただきます。22日はお休みに挟まれてますが通常営業。

4/30は月曜ですが祝日なので営業。

5/3は 富士にあるアメリカビンテージとアンティークのお店 《allegory vintage 》が1周年ということで呼んで頂き、「ジャンクなホットドッグ屋」として出店するためお店はお休みします。

それ以外は通常営業18:00〜、月末が定休日になります。少し不規則になりますがよろしくお願いいたします。

最近 Tシャツのオーダーも頂いており、ありがとうございます。趣味と仕事の境がつかないまま生きているタイプですが、お金を頂けるクオリテイまではしっかり高めて、何事も真面目に少しづつ取り組んでおります。

散らばっているようで自分の中では、最近それらの絡み合いを楽しんでいます。今年は、もう少しわかりやすく、目に見える形でそれらの複合を表現したいなーと思い近所に、bird店舗とは別にガレージ(?)アトリエ(?)みたいな、作業場(?)活動場所(?)を作ろうかなと企み中〜。

GWも近いので色々と楽しい話題をまた吸収したいっす。

LOVE

TRIP

bird店主、私ついに旅雑誌に載ってしまいました。

「旅」や「旅行」にかかわる仕事とかいいなー。と思っていた時期もあったりして、偶々取り上げていただいただけとはいえなんだか感慨深いです。グルメ番組やテレビよりも、ローカルスポットとして扱っていただいたことに感謝。OZmagazine TRIPさんありがとう。

お店含めマルイチビルの運営で目指しているのは「とりあえずあそこに行けば」というキープレイス、キーパーソン、キーコミュニティになっていくことです。もちろんお店は、イチ飲食店としてきちんと成立していることは大前提ですが、その周辺に漂ってる人とかアイデアとか感覚みたいなもの・・・
ーなんかあの辺おもしろいよね

みたいな雰囲気をつくっていくことを大事にしたいし、エリアの雰囲気が変わっていくことで結果的にはお店の成長につながるのかなと。「まちづくり」という言葉がキライ。という話を、僕は仲間とよくしますが、それはこの単語が、あまりに客観的立場からのフレーズのように感じるからなんだと思ってます。その場しのぎの花を植えるのではなく、まずはジワジワじっくりと土作りから。その方が面白いってことにやっと最近気付いてきた。

Waves

25歳くらいの頃から「生きる(生活していく)」という言葉と「働く(仕事をする)」という言葉の境界が僕の中では曖昧。説明できるような感覚ではないけれど、ざっくり言えば “社会人” みたいな枠にはまらないということなのかな。

お金を稼がなくていいってこと?
ヒッピー?

とか言われるけど、そういうことでは全くない。あとこういう時に「ヒッピー」を出してくる人は、其れを、ただのサイケデリックな平和主義者や、愛の名の下に働かないぜー。とか言ってるプー太郎だと思ってることが多いのでそのあたりからズレていることが多い。ま、いちいち否定や説明もしないけれど。
小さな時から「大きくなったら何になりたいですか?」という質問に答えるのが苦手だった記憶はあって、だってあれもしたいしこれもやりたい。多分それが今も変わっていない。だから「ご職業は?」の質問には答えづらい。ピザ屋をやってるけれど、それ以外にも「お仕事」として関わらせていただいていることは色々ある。

いろんな届けとかが必要になって、”自営業” という単語を使い始めた頃に妙に納得したのは、自営業という言葉に対して業種は固定されてないこと。つまり個人そのもの。ピザ屋だろうと歌手だろうと絵描きだろうとデザイナーだろうと。はたまた全部だろうと。個人の能力やセンスを生かしてお仕事させてもらえるのであれば別に業種は問わないってことだ。

一個人一業種。と思いがちだけれどそうではなかったのは実に面白かった。

と、これくらいまでの話をしたりすると「経営者向きだね?」「会社作れば?」と言われたりするけど、それもなんか違って、そもそも「起業する」ってことの意味をいまいち感覚としてまだ理解してないし(仕組みやお金のことでなく感覚的にね)

自分のできる範囲で、やりたいことはやる。

ってことなのかなー。

出会いとか別れがあって
楽しいことややりたくないこともあって
チャレンジや挫折もあって

こういうのって、仕事と生活の境なく起きることなんだよね。それをどう楽しみながらマネタイズしていくかってのが自営業の醍醐味だと思う。

飲食業の経営はこうあるべき!みたいな事を教えてくれる人が多くて、経営理論とかすごく参考になったりするけど、その人たちの話は、僕が思う「生きること」ってのがその理論の中に入ってないので「そりゃ数字上はそうなるでしょうよ」と納得して終わりなのよね。30過ぎてから(お店をはじめたこともあり)、そういうセミナーとかコミュニティに誘われることが多くなったけど疲れるだけや。そんなことより映画一本、ライブ一発、小説一冊、その方が自分にとってはためになったりするな。

よくわからない記事になってしまった。
僕は毎日好きなように生きているだけなのに。